寒…真栄里で12・3度 きょうムーチー 国頭村で今冬最低記録

冷たい風を受け、買い物を楽しむ観光客ら=ユーグレナモール
冷たい風を受け、買い物を楽しむ観光客ら=ユーグレナモール

 きょう19日は旧暦12月8日の「ムーチー」。本島では、月桃の葉で包んだもちを食べ、健康長寿を願うとともに厄(やく)を払う日とされる。


 古来、この時期は「ムーチービーサ(寒さ)」として、沖縄で最も寒い時期として言い習わさてきた。

 

 石垣島地方気象台によると、大陸からの寒気の張り出しで18日、八重山地方の最低気温は、真栄里で12・3度を記録(午前5時37分)。本島では、国頭村奥で、今冬最低の7・8度(午前5時13分)まで下がり、古来の言い伝えを実証する1日となった。

 

 ここユーグレナモールでは18日、冷たい風を受けながら、観光客らが買い物を楽しむ姿が見られた。東京から訪れた女性(28)は「朝は少し寒いと感じましたが、東京に比べると石垣は天国」と屈託がなかった。

 

 ムーチー本番の19日、八重山地方は寒気が緩み、天気も回復する見込み。