新空港へ就航要請 市長、LCC2社に

エアアジア・ジャパンに新空港への就航を要請する中山市長(30日)
エアアジア・ジャパンに新空港への就航を要請する中山市長(30日)

 石垣市の中山義隆市長は30日、LCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパン本社(千葉県)とジェットスターグループ日本支社(東京都)の本社を訪れ、新石垣空港への就航を要請した。中山市長によると、両社とも「現時点で就航の予定はない」と答えたものの「アジア全体を視野に入れる中で、石垣を一つの候補地として考えている」などと将来的に就航を検討する考えが示されたという。


 エアアジアは小田切義憲社長ら、ジェットスターは片岡優日本支社長らが対応した。両社は成田空港を拠点にしており、中山市長は成田―石垣線、石垣―那覇線のほか、台湾、香港、中国、韓国などアジアとの直行便開設も要請した。


 要請の感触について「非常に好意的で、新空港には大きな興味を持ってもらっているが、就航にはまだ時間がかかると感じた。地元の受け入れ態勢を提示できれば、就航の話が進むだろう。今後は海外のLCCにもトップセールスで就航を要請したい」と話した。