好物のパインを「ガブリ」 外国人2選手が市場見学 ロッテ

パインにかぶりつく、ディッキー・ゴンザレス投手(左)、ウィル・レデズマ投手
パインにかぶりつく、ディッキー・ゴンザレス投手(左)、ウィル・レデズマ投手

 ロッテのディッキー・ゴンザレス投手、ウィル・レデズマ投手が8日午後、JAおきなわファーマーズマーケット八重山「ゆらてぃく市場」(幸喜英信店長)を見学した。


 選手たちは商品を見て、パインにかぶりついた。両投手は、「ロッテ優勝のために頑張りたい」と抱負。石垣島キャンプで一番美味しかった食べ物に「パイン」を挙げた。


 幸喜店長は「今季は優勝してほしい」と激励し、黒糖とパインをプレゼントした。この日は、パイン収穫体験を予定していたが、雨天で中止。両投手とも残念がっていた。