JTA 南西航空機復活 「うちなーの翼」アピール

うちなーの翼 南西航空
南西航空塗装機を就航

 JTA(佐藤学社長)は、3月5日より懐かしい南西航空塗装機を就航させると発表した。
 同社によると、「1967年沖縄県民の足として設立された使命を再認識すると同時に、地元と一体になった観光客誘致を実施することで、県民の皆様に愛される『うちなーの翼』であり続けたいと言う想い、現石垣空港への感謝の気持ち、そして八重山諸島の玄関口となる新石垣空港へ就航させることで、引き続き八重山諸島、沖縄県の地域発展に貢献したいという想いをこめて就航させる」とのこと。SWAL塗装機(ボーイング737―400、レジ番号JA8999、145席)は、3月5日より5年間JTA全路線に就航させ、現空港最終日の3月6日と新空港初日は、JTA609便、614便、619便、622便、625便、628便(最終便)に就航させる予定とのこと。