大嶺ら9選手と交流 ロッテイベント 観戦ツアー抽選会も

優勝を祈願して餅を撒く、(左から)大嶺、伊志嶺ら9選手=市中央運動公園
優勝を祈願して餅を撒く、(左から)大嶺、伊志嶺ら9選手=市中央運動公園

 千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプ交流イベント「抽選会&マリーンズ・新空港『翔破』祈願祭」(主催・ロッテ石垣島協力会)が16日午後、市中央運動公園で開かれた。ロッテ観戦ツアーなどが当たる抽選会や、県出身の大嶺祐太、伊志嶺翔大、川満寛弥ら9選手が参加し、ロッテの優勝を祈願した、もち撒きや開港PRソング「おかえり南ぬ島」をともに踊った。


 会場には、協力会や地元ファンクラブ1SHIGAKI26の会員ら多くの観客で賑わい、選手との交流を楽しんだ。


 抽選会では、羽田、那覇と石垣の往復航空券や観戦ツアーチケット、選手サイン入りのボール、バット、ユニホームなどが景品となり、当たると歓喜が挙がっていた。


 また、開港PRソング「おかえり南ぬ島」を、選手やロッテのマスコットキャラクターマーくんとともに、参加者が踊り、新空港開港を祝った。


 最後にロッテの優勝を祈願して選手が500個の餅を撒いた。この日、大嶺、伊志嶺、川満のほか、根元俊一、荻野貴司、大谷智久、伊藤義弘、中郷大樹、岡田幸文の9選手が参加した。