オール八重山識者が提言 新空港で未来開く 全国のやいまぴとぅ大会シンポ

新空港開港を機に、さまざまな活性化策を提言したシンポ=石垣市民会館
新空港開港を機に、さまざまな活性化策を提言したシンポ=石垣市民会館

 「新空港から世界へ」「人材を育成しよう」「IT技術の活用を」― 全国のやいまぴとぅ大会のシンポ「八重山の振興と発展(実行委主催)」が9日、石垣市民会館であり、オール八重山の識者5人が古里を展望、多彩な活性化策を提言した。会場は、全国から集まった郷友らが詰め掛け、提言に耳を傾けながら一人ひとりが八重山の未来を「想い」描いた。

 

 副知事の与世田兼稔さん=大川出身=は、新空港計画で漁業権訴訟に弁護士として関わった体験に触れ、「石垣島は反対派も受け入れる気質がある。反対運動のおかげで、自然が守られ津波対策も充実し、国際空港化も図れた」と指摘。離島の交通コスト削減と農水産業の後継者育成へ県の取り組みを語った。


 沖縄ツーリスト㈱代表の東良和さん=父親が大浜出身=は、八重山の観光開発に向け「新空港で、那覇を経由しなくても世界と交流できる拠点ができた。アジアのハブ空港と結んで世界から誘客しよう」と説いた。観光客増の条件としてゴルフ場と会議施設の充実を挙げた。


 琉球大学の次期学長・大城肇さん=鳩間島出身=と今井恒子さん(IT企業代表)=新川出身=はともに人材育成の必要性を強調。大城さんは、琉大の行政職員育成事業を説明し「大人が若者に手を差し伸べていかなくては」と述べた。今井さんは、IT技術を生かした八重山の情報発信を説き、多言語化への対応も急務とした。


 沖縄公庫理事長の譜久山當則さん=与那国島出身=は、地域経済への公庫の役割を伝え公庫活用を促した。司会は、三好ジェームスさん(沖縄TVアナ)=川平出身=が担当、識者の発言をリードした。


 質疑では、新空港建設に植栽工事で参加した㈱平仲代表=豊見城市=で、元ボクシング世界チャンピオン・平仲信明さんが発言。「頑張ればできるということを新空港建設が示した。力を合わせて八重山の魅力を世界に広げてほしい」と激を飛ばした。


 シンポに先立って、ジャーナリストの三木健さん=登野城出身=が「八重山ネットワークの構築」を演題に講演。石垣島の一極集中ではなく、竹富と与那国島も含め、八重山全体の連携を呼び掛けた。