7日の新石垣空港開港は、住民挙げてのお祝いだった。

 7日の新石垣空港開港は、住民挙げてのお祝いだった。ところが尖閣諸島海域では、この日異変が起こった。中国の漁業監視船が中国漁船に乗り込み「取り締まり」を行ったのだ。自国領をアピールするデモンストレーションである。それも、ただの「取り締まり」ではなく、漁船の漁民をわざわざ監視船に移り乗らせるという念の入れようだ◆香港の活動家が8月15日を選んで尖閣に不法上陸したように、中国が動く日付には意味がある。中国政府は、この日が新空港開港の日というのは百も承知なのだ。この行為は住民の喜びに水を差すというより、住民に対するあからさまな挑戦だったと言っていい◆漁業者の安全操業を妨害するためだけに、高い燃料費をかけて何隻もの船を繰り出すしつこさにも呆れるが、異常な言動はまだ続く◆11日に政府が開いた東日本大震災の追悼式に、中国は代表者を出席させなかった。しかも中国は、追悼式で台湾代表を献花させたことが欠席の理由だと明らかにし、改めて日本を非難する有様である◆こうした姿からうかがえるのは、尖閣を狙う中国政府という存在が、われわれの常識が通じない怪物であることだ。相手がそのような存在である以上、八重山の住民もそれ相当の覚悟が必要なのだ。