キングス 貫録勝ち 昨年の熱気再び

攻守で活躍し、ユーグレナ賞に輝いたアンソニー・マクヘンリー
攻守で活躍し、ユーグレナ賞に輝いたアンソニー・マクヘンリー

 昨年の熱気再び―。プロバスケットボールbjリーグの南ぬ島石垣島空港開港記念ユーグレナゲーム・琉球ゴールデンキングス対埼玉ブロンコスが、23日午後7時から石垣市総合体育館で行われ、89―72で、キングスが圧勝した。プロ球団の公式戦には2540人の大観衆が声援でキングスを後押し、会場はキングスコールが沸き起こり、老若男女が熱狂。ダンクシュートや激しいリバウンド争いなど、プロのプレイを満喫。試合を盛り上げるエンターテイメント空間に酔いしれた。

 

 この日の会場には、観客が早くから駆けつけ、開場時間の午後5時半には、2階の入場口から沿道まで、長蛇の列が見られ、試合開始時には満員状態となった。
 飲食の販売コーナーが設けられた会場1階も早くから混雑し、イベントムードを盛り上げた。


 また、タイムアウトの間には、キングスダンサーズが意気のあったパフォーマンスを披露し、試合に花を添えた。
 試合での攻守が切り替わると、ブースター(応援者)からキングスコールが巻き起こり、キングスの選手を後押しした。
 試合は終始、キングスがリードした試合運びを見せたが、ペイントエリアを固める埼玉ブロンクスに得点する機会が少ない中、アンソニー・マクヘンリー選手が攻守で活躍。最も活躍した選手に贈られるユーグレナ賞に輝いた。
 結果、89―72で、キングスが逃げ切り、昨年に続き、八重山の試合を勝利で飾った。


 最終日のきょう24日は開場が午前11時、試合開始は午後12時30分。
 八重山バスケットボール協会によると、2回自由席に空席があり、
 当日券は会場で販売する。大人2千円、小人千円。