「主権回復式典」中止を 政府に抗議のこぶし

「主権回復の日」式典に抗議し、ガンバロー三唱する八重山大会参加者=26日午後、新栄公園
「主権回復の日」式典に抗議し、ガンバロー三唱する八重山大会参加者=26日午後、新栄公園

 サンフランシスコ講和条約が発効した1952年4月28日は、沖縄が本土から切り離された「屈辱の日」だとして、政府が今年4月28日に予定している「主権回復の日・国際社会復帰式典」に抗議する「屈辱の日八重山大会」が26日、新栄公園で開かれた。約150人が参加。式典の即刻中止を求め、政府に抗議のこぶしを上げた。


 平和憲法を守る八重山地区協議会の渡辺賢一会長は開会のあいさつで「安倍内閣で急速に軍事化が進み、普天間移設、日台漁業協定もわれわれの意思を無視した形で推し進められた」と政府を批判。


 主催者を代表して長浜信夫市議が「県民は米軍の事件、事故にあえぎ苦しんできた。式典は、沖縄の置かれた状況をかえりみない政府の暴挙。全く理解できない」とあいさつした。


 地域代表の前津英次さん(大浜公民館)が「サンフランシスコ講和条約は、ほとんどの日本人が内容を知らないまま、納得できないままに押しつけられた。4・28を主権回復の日として祝うことは到底できない」と訴え。


 青年代表の長浜秀樹さんは「私は社会人になるまで、4・28の意味を知らなかった。若い人の知らない歴史だからこそ、安倍晋三首相には正しく歴史を知ってほしい。知っていて式典を開催するなら、首相の資質が問われる」と指摘した。


 女性代表の平地ますみさんが「沖縄の犠牲と苦難につながり、沖縄が切り捨てられた「屈辱の日」に式典を行うことは、基地の過重負担を黙認し、県民の心を踏みにじる」と主張する安倍首相あての八重山大会決議を朗読、採択された。


 高嶺善伸県議が県議会決議の経過報告、川満栄長竹富町長が来賓あいさつを行った。


 最後は参加者全員でガンバローを三唱し、気勢を上げた。


 主催者側によると、同大会に賛同した地域は大浜、磯辺、川平の3公民館。大会への参加要請に対し、砂川利勝県議、外間守吉与那国町長は出張を理由に不参加、中山義隆石垣市長は「参加できない」と回答した。


 28日は市の防災訓練が行われることなどから、主催者側は八重山大会を2日繰り上げた。