琉球独立論に賛同 自治テーマに意見交換

ゆいまーる琉球の自治In石垣島が開かれた=11日午後、市民会館館
ゆいまーる琉球の自治In石垣島が開かれた=11日午後、市民会館館

 第13回ゆいまーる琉球の自治In石垣島(主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治)が11日、石垣市民会館会議室で開かれた。5人が戦争マラリアや石垣島の現状などをテーマに報告した。


 琉球独立論を提唱する松島泰勝・龍谷大教授が県内の各離島で開催している意見交換会。


 潮平正道さんは「戦争が起きたら離島は船が入らなくなり、島の人間だけでなく軍隊の食糧まで自給自足しなくてはならなくなる」と平和の大切さを強調。


 その上で「松島さんの琉球独立論に大賛成だ。沖縄が軍隊を持たない平和な島であれば物流が滞ることもなく、島の生活が成り立つ」と呼び掛けた。


 教科書問題やリゾート開発などに関する報告もあった。