全国に先駆け梅雨入り 沖縄 平年より5日遅く

梅雨入りしたこの日も、晴れ間を利用して海水浴を楽しむ家族の姿が見られた=マエサトビーチ
梅雨入りしたこの日も、晴れ間を利用して海水浴を楽しむ家族の姿が見られた=マエサトビーチ

 梅雨来りなば夏遠からじ― 沖縄気象台は14日午前、全国に先駆け沖縄地方が梅雨入りしたと見られると発表した。梅雨入りは平年から5日、昨年より1日遅い「発表」となった。梅雨明けの平年値は6月23日。
 沖縄気象台によると沖縄地方はこの日、気圧の谷や湿った気流のために各地で降雨があり、向こう1週間も梅雨前線や湿った気流の影響で、曇りや雨の日が続くと予報。梅雨入りを発表した。


 降水量は5月が平年並み(確率30%)か、平年より多い(同)、6月は平年並み(同)か少ない(同)と見込んでいる。石垣島の5、6月の降水量(平年)は413㍉。
 この日の石垣島は雨と曇り、晴れ間が何度も入れ替る天気となり、最高気温は29・8度(午後2時5分)、湿度が80%台から96%を推移、蒸し暑い1日となった。


 やいま大通りを歩いていた観光客の女性(25)=神奈川=は「もう梅雨入りですか? 石垣島は3度目。 旅行中はどうにか晴れてほしいけど、雨になったら何か楽しみを見付けます。石垣島が大好きなので梅雨でも平気」と屈託がなかった。