特攻の伊舍堂中佐顕彰 8月15日に碑建立へ 期成会設立総会

伊舍堂中佐と隊員の顕彰碑建立期成会の設立総会が開かれた(18日)
伊舍堂中佐と隊員の顕彰碑建立期成会の設立総会が開かれた(18日)

 沖縄戦の陸軍特攻(特別攻撃)第1号として故郷の石垣島から出撃し、米空母に体当たりした伊舍堂用久中佐(当時24)=戦死時大尉、特攻後、二階級特進=と、飛行隊員の顕彰碑建立期成会(三木巌会長)の設立総会が18日、石垣市内で開かれた。8月15日の顕彰碑建立に向け、300万円を目標額に募金活動を開始することを決めた。【4面に関連】


 顕彰碑の建立場所は新港地区の緑地公園内で「南十字星や天の川が見える場所」(期成会)。期成会にはすでに約50人が入会しており、同会は今後、さらに賛同者を募る。


 総会では会則や役員を承認した。
 顕彰碑には碑文と中佐の辞世の句「指折りつ 待ちに待ちたる機ぞ来(きた)る 千尋の海に散るぞ楽しき」、中佐とともに出撃した部下も含めた10人の名前が彫り込まれる。


 三木会長は「子供たちのために(中佐たちのおかげで)日本の平和はあるんだ、と教えなくてはいけない」とあいさつ。
 中佐のおい、用八さんは「長年の夢がようやくスタートする」と感慨深げだった。


 寄付金の振り込み先は「琉球銀行八重山支店(普)900030」「沖縄銀行八重山支店(普)1801421」「沖縄海邦銀行八重山支店(普)0750863」「ゆうちょ銀行店名708(普)0298662」。いずれも口座名義は「伊舍堂用久中佐と隊員の顕彰碑建立期成会 会長 三木巌」


 寄付者を把握するため、振り込み前には事前に℡(0980)―82―3151、FAX(0980)82―2171に連絡するよう呼び掛けている。


 会長以外の期成会役員は次の通り。▽副会長・浦崎美代子、上地和浩▽事務局長・砥板芳行▽理事・崎原毅、内間知恵子、石垣敦子、松原栄松、蔵下芳明、松田新一郎▽監査担当役員・漢那憲隆▽顧問・伊舍堂用八、伊藤玲子、大島彦成、波照間永絋