「人権や沖縄の歴史無視」 平和団体、橋下発言に抗議

橋下氏の発言に抗議した10団体の代表ら
橋下氏の発言に抗議した10団体の代表ら

 日本維新の会共同代表で橋下徹大阪市長の慰安婦に関する発言や、在沖米軍幹部への風俗業者の活用進言を受け、八重山地区の平和、婦人10団体が21日、抗議声明を発表した。この日、橋下市長に抗議文を発送した。


 この日、いしがき女性9条の会や平和憲法を守る会八重山連絡協議ら10団体が市役所で会見を開き、橋下市長の発言に「女性を軍事遂行の道具として正当化したもので、人権を無視する時代錯誤の発言。心底から怒りを覚え、決して看過することができない」、「沖縄の歴史や実態を無視した非道な発言」と抗議。謝罪、発言の撤回を求めた。江川三津恵いしがき9条の会長は「女性のみならず、人権を無視した発言」、渡辺賢一平和憲法を守る八重山連絡協議会長は「軍事大国化を目指している。断固、抗議していく」と話した。


 出席した団体の代表からも「公人としての発言に疑問を感じる。辞職するべきだ」と、非難が相次いだ。