棟上げ式で餅まき 赤瓦屋根の家完成へ

○…石垣市石垣で新築中の玉代勢治さん(48)宅で23日、棟上げ式が開かれた。集まった地域住民や子どもたちに、玉代勢さんらが祝いの紅白餅をまいた=写真。


 ○…玉代勢さん宅は3月に着工し、8月には赤瓦屋根の木造平屋建てが完成する。「周辺には観光客も多い。沖縄らしさのある家を造りたかった」と玉代勢さん。


 ○…もう一つの特徴は「庭からアンガマが見える家」というコンセプトで広い庭のスペースを確保したこと。地域住民を集め、字会の獅子舞いなど、地域行事にも利用してほしいと願っている。


 ○…家族は父の孫芳さん(80)、妻の理恵子さん(43)、長男の孫悟君(10)の4人暮らし。復帰時に建設された実家が老朽化したため、建て替えに踏み切った。「理想の家だと思う」と玉代勢さんは目を細める。