中国船、また地元漁船追跡 常態化する領海侵犯

尖閣周辺での釣りを終え、石垣島に戻った「頑張れ日本!全国行動委員会」の漁船=26日午後、石垣漁港
尖閣周辺での釣りを終え、石垣島に戻った「頑張れ日本!全国行動委員会」の漁船=26日午後、石垣漁港

 民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」がチャーターした地元漁船など4隻が26日、尖閣諸島周辺で釣りを行った。中国海洋監視船3隻が午前10時5分ごろから相次いで領海侵犯し、漁船団を追跡する動きを見せたが、海上保安庁の巡視船が阻止。漁船団は無事、釣りを終え、同日午後5時ごろ、石垣漁港へ帰港した。

 

 中国公船は、これまでも尖閣領海で地元漁船を追跡、包囲する動きを見せている。中国公船が地元漁船の操業を妨害するため、領海侵犯を繰り返している実態が改めて浮き彫りになった。中国公船の領海侵犯は昨年9月の尖閣国有化後、46回目。


 同委員会の水島総幹事長によると、漁船団は25日夜、石垣漁港を出港。中国公船が来ても移動しないと海保には通告していたという。
 26日朝、魚釣島周辺で釣りをしていると、午前10時ごろ、中国海洋監視船「海監66」「海監46」「海監26」が接近してきた。
 海洋監視船は漁船団に向かってきたが、海保の巡視船が割って入るなどして漁船団をガード。


 漁船内はしばらく騒然としたが、海洋監視船が時おり、汽笛を鳴らす以外の行動は見せなかったことから、すぐに落ち着きを取り戻したという。
 漁船団は正午過ぎまで釣りを続けた。その間、海洋監視船に向け「君が代」を大音量で流すなどのデモンストレーションも行った。


 漁船団は正午過ぎ、釣りを終えて石垣島へ向かったが、海洋監視船2隻が20~30分間にわたって漁船団を追跡した。
 巡視船の警護を受けたため、漁船団に被害はなかった。
 海洋監視船3隻は領海内で約5時間航行し、午後3時14分ごろまでに領海内を退去した。


 同委員会のツアーは4月に次いで14回目。水島幹事長は「漁業活動ができたことは良かったが(領海侵犯が常態化している)状況を続けてはいけない。領海侵犯したら海上自衛隊が撃沈するか、拿捕(だほ)する法律を作るべきだ」と話した。