「戦争にすべきでない」 エコノミスト誌が取材 尖閣問題

八重山日報社を訪れたディビッド・マックニール記者
八重山日報社を訪れたディビッド・マックニール記者

 尖閣諸島問題を取材するため、英エコノミスト誌のディビッド・マックニール記者(47)が10日、石垣市を訪れた。「中国と日本の最前線」という位置づけで、八重山の現状をレポートするという。▼全文は「新聞オンライン.com」でhttp://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html