「フレグランス事業」スタート 夜香木で香水開発 資生堂AGと連携 全国展開目指す 石垣市商工会

夜香木の香りを基調した試作品を確認する委員たち=13日午後、沖縄振興開発金融公庫八重山支店
夜香木の香りを基調した試作品を確認する委員たち=13日午後、沖縄振興開発金融公庫八重山支店

 石垣市商工会(我喜屋隆会長)は、夜香木(ナイトジャスミン)を柱にした石垣島を象徴する香水を開発する「石垣島フレグランス事業」をスタートさせた。新石垣空港開港1周年を見据え、癒しをコンセプトとした「NUCHIGAFU(命果報・ぬちがふう)」ブランドとして全国展開を目指す。13日、第1回石垣島フレグランス推進委員会(浦内由美子委員長、委員5人)が開かれ、香りのコンセプトや商品デザインの方向性など意見を交わした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」でhttp://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamanippo.html