沖縄地方が梅雨明け 世果報雨に植え付け急ぐ

雨を待ちわびていた紅いも農家が、植え付け作業に汗を流していた
雨を待ちわびていた紅いも農家が、植え付け作業に汗を流していた

 沖縄気象台は14日、沖縄地方の梅雨明けを発表した。今年の梅雨入りは5月14日ごろで平年に比べ5 日遅く、梅雨明けは平年より9日早い。石垣島の今年の梅雨の降雨量は平年比でわずか24パーセントとなった。この日、石垣市内は、早朝に雨が降り、日中は曇り空。市内大川の畑では、雨を待ちわびていた紅いも農家が、植え付け作業に汗を流していた=写真。沖縄気象台が梅雨明けを発表した一方で、石垣島地方気象台はこの日、「少雨に関する八重山地方気象情報」を発表。それによると、八重山地方では、5月18日ごろから梅雨前線の影響を受けにくくなったため、雨の日が少なく、5月27日頃からは高気圧に覆われて降水量の少ない状態が続いている。この状態は、今後1週間程度は続く見込み。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html