300人が船内見学 ミサイル艇を一般公開

「しらたか」の操舵室を見学する人たち(25日午後)
「しらたか」の操舵室を見学する人たち(25日午後)

 石垣港に初入港した海上自衛隊のミサイル艇「おおたか」「しらたか」(ともに200㌧)が25日、一般公開され、平日にもかかわらず約300人の市民でにぎわった。ミサイル艇は、進行する敵の海上兵力を打破する戦力を持つ。見学者は、操舵室の座席に座ったり、対艦ミサイルの砲身に見入ったりと、初めて見る船内に興味津々の様子だった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html