参院選は4日公示、21日投開票される。…

 参院選は4日公示、21日投開票される。沖縄選挙区には現職で革新系無所属の糸数慶子氏、新人で自民公認、公明推薦の安里政晃氏、幸福実現党の金城竜郎氏らが名乗りを上げており、憲法改正や「アベノミクス」などに対する評価をめぐって激戦が展開されそうだ◆ただ国政選挙のたびに八重山の有権者が味わうのが、候補者不在の悲哀である。沖縄本島が主戦場となるため、候補者が八重山入りする機会は限られ、生の声を聞いたり、親しく接する機会がほとんどない◆候補者自身も沖縄本島住民のため、八重山についてあまり知識がないことが多い。離島振興策を聞くと、たいてい、どの候補者からも似たような答えが出てくる(候補者がたとえ八重山出身でも、同じことかも知れないが)◆つまり候補者と有権者の距離が地理的にも心理的にも遠いわけだが、だからといって投票の重要性が薄れるわけではない。従来にない強い国家意識を持つ安倍政権。その指し示す方向へ、このまま日本が進んでいくのかどうか、私たちの将来を占う選挙だ◆しかも八重山は今後、与那国町長選、石垣市長選、3市町議員選と、地域のかたちがそのまま問われる選挙が目白押しだ。参院選はまぎれもなく、その前哨戦になる。「無関心」では済まない選挙である。