今年は、八重山を訪れる観光客が…

 今年は、八重山を訪れる観光客が増加している。新石垣空港開港で本土直行便の一部に中型機が導入され、LCC航空会社の参入などが相まって近年、頭打ちの状況が続いていた八重山の観光産業に、明るい兆しが感じられる状況になった◆以前、土産物製造会社の社長に話しを聞くと、新空港開港後から土産用菓子類の販売が急増し、生産が追いつかない状況が続いているとのこと。原料を提供する農家の生産物が増加する需要に追いつかず、石垣産のお菓子が土産物店の棚から消えそうになる状況もあったという◆多くの観光客が八重山圏域に足を運んでも八重山ならではの商品を買う事ができない状況を作ってはなんの得もない。供給体制が整っている本土や沖縄本島の商品が幅を利かす状況から、一日も早く脱却するアイディアが強く求められる◆特に、八重山の弱点と見られる生産業の強化が必要で、原料を供給する農業の強化は喫緊のテーマ。離島地域の八重山では、原料を移入するには輸送コストが掛かることから、農業なくしては八重山の二次産業の発展は望めないだろう◆台湾からのチャーター便やLCCを利用する新たな客層を迎え入れることになっている八重山。受け入れに対するソフト面の強化策が急がれるが、取り組むのは「今でしょ」。