「国境の危機」とは② 仲新城 誠

 尖閣諸島問題の現状
 まず尖閣諸島問題です。
 今から1カ月ほど前の5月13日、私は尖閣諸島周辺に行ってきました。
 尖閣諸島周辺には、連日のように中国公船、つまり中国の海洋監視船や漁業監視船が「パトロール」と称して徘徊している現状があります。いったい尖閣周辺はどうなっているのか、この目で確かめたいという思いがあったのです。
 釣りを企画したのは、尖閣諸島にこれまで16回の上陸経験がある石垣市議の仲間均さんです。同行したのは、石垣市議会議長の伊良皆高信さんや、八重山の隣になる宮古島市の市議さんたちでした。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html