「国境の危機」とは⑤ 仲新城 誠

 強盗と対峙
 そして中国は今こそ、本腰を入れて尖閣を取りに来ています。八重山に住んでいると、そのことがよく分かります。地元の石垣市議会は尖閣問題で2008年から今年までの5年間で、中国に6回の抗議決議を行っています。中国の横暴は、経済力や軍事力の発展と呼応して激しくなっているのです。日本政府の尖閣国有化は昨年でしたが、私たちから見ると、国有化は尖閣問題の深刻化とは何の関係もありません。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html