初日トップは176㌔ トローリング部門に31チーム 与那国島国際カジキ釣り大会

今年で24回目を迎えた大会。初日の競技を終え、計量場にカジキが次々と運び込まれた=久部良漁港
今年で24回目を迎えた大会。初日の競技を終え、計量場にカジキが次々と運び込まれた=久部良漁港

 恒例の「与那国島国際カジキ釣り大会(与那国町主催)」は競技初日の6日、日本最西端の海を舞台に、トローリングと磯釣り部門に分かれて行われた。トローリング部門には31チーム、磯釣りには15人が、それぞれ島内外から出場、体力と技術を掛け「黒潮の大いなる恵み」に挑んだ。

 

 初日はトローリング部門で、チームタケオ=クロカワカジキ・176㌔=が1位、2位にタイコー=シロカワカジキ・78㌔、3位にはフィッシングマイスター=クロカワカジキ・54㌔=が入った。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html