「チームタケオ」2度目のV 磯釣りは地元の仲嶺さん

トローリングと沖釣り部門で入賞を果たし喜びを分かち合う入賞者ら。前列右端が屋成さん=久部良漁港
トローリングと沖釣り部門で入賞を果たし喜びを分かち合う入賞者ら。前列右端が屋成さん=久部良漁港

 黒潮の海を舞台に大物に挑む「与那国島国際カジキ釣り大会(与那国町主催)」は7日、最終日を迎え、2日間の釣果で、トローリング部門はチームタケオが2度目の優勝、磯釣り部門は地元与那国町の仲嶺正八さん(50)が3連覇を果たした。期間中、全出場者の釣果はトローリングでカジキ類6本計386㌔、磯釣りはロウニンアジ(ガーラ)など計95・5㌔となった。七夕のこの日、久部良漁港であった閉会式で、出場者は互いの健闘を讃え合うとともに来年の再会を誓った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html