40分間のジョギングのあと…

 40分間のジョギングのあとは腕立てなどの筋力トレーニングである。息が上がり、筋肉が熱くなってくるが、何とも言えない高揚感もある。「生きていこう」「頑張ってみよう」という気持ちがわいてくる。悩みは汗とともに昇華されるのだ◆「心頭を滅却すれば火もまた涼し」と言うように、日本では何かというと精神力が重視され、体力は二の次だったような気がする。しかし先日、夏バテで体を動かす気力もなくなったとき「これはまず、体力をつけなければ」と、しみじみ思った◆人が生き抜くには知力、気力、体力が必要だと思う。このうち知力は一種、特別なもので、読書その他の勉学によって養われる。しかし気力と体力は表裏一体だ。体力を鍛錬することで、気力も充実してくるのである。逆に気力の鍛錬が体力につながるかどうかは分らない◆ジョギングを続けて最初に実感した効果は、以前に比べて持久力がついたことだ。最初のころは、雑念が胸をよぎっただけで息が苦しくなったが、最近は雑念を受け流しながら、走り続けられるようになった。物事を深く考えるのは大事なことだが「考え過ぎない」ことにも技術が必要だと思い知った◆体力に自信が持てるようになるには、あと2年くらいかかるかも知れない。長期計画である。