マグロ水揚げ減少 漁業者「日台協定の影響」

八重山漁協に水揚げされる本マグロ(6月)
八重山漁協に水揚げされる本マグロ(6月)

 今年4月上旬から7月上旬までのマグロ漁のシーズンに、八重山漁協所属の漁船が水揚げした本マグロは150本で、前年に比べ20本減少したことが、西海区水産研究所石垣支所の調査で分かった。ここ数年では最低だという。同支所は「減少の原因は分らない」としているが、漁業者からは「日台漁業協定の影響で、地元漁船が好漁場での操業を自粛しているためだ」と指摘する声が上がっている。漁業者の間では、協定の白紙撤回を求める署名運動も始まった。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html