台風7号、八重山直撃 新空港で最大瞬間46・3㍍ 1人けが、9人避難

強風で折れた木の枝が散乱している舟蔵公園(12日午後)
強風で折れた木の枝が散乱している舟蔵公園(12日午後)

 強い台風7号は12日、八重山を直撃し、暴風域に巻き込んだ。午後7時現在、西表島の南南東約60キロにあり、時速20㌔で西北西に進んでいる。石垣島地方気象台によると、石垣島地方には同日夜、与那国島地方には13日未明に最接近したと見られる。新石垣空港では12日午後5時51分、北東の風46・3㍍の最大瞬間風速を観測した。暴風域を抜けるのは石垣島地方が13日朝、与那国島地方が同日夜遅くの見込み。石垣市では、けが人1人が病院に搬送された。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html