「国境の危機」とは⑩ 仲新城 誠

 八重山の住民は防人
 3月には国際線を持つ新石垣空港も開港し、アジアの玄関口として、さらなる飛躍が期待されています。本土との距離も近くなりました。石垣と東京は3時間の直行便で結ばれています。LCC、格安航空会社も就航し、旅行の敷居も低くなりました。
 全体として、住民がこれだけ平和で、豊かで、自由な生活を営むことができるのは、まぎれもなく、私たちが日本国の一員であるからです。遠い辺境の地であった国境の島まで、繁栄の波で覆い尽くされているというのは、日本という国の素晴らしさ、日本がこれまで歩んできた道が間違いではなかったことを示すものです。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html