嘉弥真の初勝利に祝杯 石垣島 家族や後援会歓喜

初勝利を祝い、くす玉を割った=16日夜、市内白保の嘉弥真新也投手の実家
初勝利を祝い、くす玉を割った=16日夜、市内白保の嘉弥真新也投手の実家

 プロ2年目で初勝利をつかんだソフトバンクホークスの嘉弥真新也投手(23)の祝賀会が16日夜、市内白保の実家で行われ、家族や後援会メンバーら40人が嘉弥真投手の初勝利の試合の録画を観戦しながら、1勝を祝うくす玉を割り、祝杯をあげた。


 嘉弥真投手は、白保小4年時代に学童軟式野球チーム白保轟に加入し、野球を始め、白保中、八重山農林高校と常に控え投手だった。社会人野球の強豪、JX―ENEOSで才能を開花させ、中継ぎの即戦力として一昨年、福岡ソフトバンクホークスからドラフト5位指名を受け、入団した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html