24年ぶりの決勝逃す 八重高、美里工に逆転負け

8回表に同点となる3点目を加えられた八重山高校=20日、沖縄セルラースタジアム那覇
8回表に同点となる3点目を加えられた八重山高校=20日、沖縄セルラースタジアム那覇

 第95回全国高校野球選手権記念沖縄大会(主催・県高野連)準決勝が20日、那覇セルラースタジアム那覇で行われ、八重山高校は美里工業高校に3―7と、逆転負け。1989年以来、24年ぶりの決勝進出を逃した。
 八重山高校は1回裏、美工の先発、大仲潤が1番・宇根和孝、2番・志喜屋勉紀に2者連続の死球。3番・西平奎太の犠打で一死二、三塁の好機に4番・大浜雅史がセンターへのタイムリー安打で、宇根が生還、志喜屋は本塁死したが1点を先取。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html