市と医師会、八重山病院連携を 協議会設置など課題に 一次医療のあり方検討委

活発な意見交換が行われた委員会。左後方が課題を発表する前底所長=石垣市健康福祉センター
活発な意見交換が行われた委員会。左後方が課題を発表する前底所長=石垣市健康福祉センター

 石垣市一次医療のあり方に関する検討委員会(宮平康弘委員長)が22日夜、石垣市健康福祉センターであった。前3回の協議を踏まえ、行政と地区医師会、八重山病院が取り組むべき課題を提示。「住民から期待される地域医療体制の構築」に向け、活発な意見交換を行った。課題提示は中間報告にあたり、課題を整理、提言や指針にまとめ、市への答申に盛り込む。

 

 検討委の事務局となっている市健福センターの前底正之所長が、これまでの協議を総括。一次医療について、行政(石垣市)と地区医師会、八重山病院の取り組むべき課題をまとめ説明した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html