「人材不足」の指摘も 学力問題など意見交換 教育施策協議会

教育施策に関する八重山地区協議会が開かれた=23日午前、八重山教育事務所
教育施策に関する八重山地区協議会が開かれた=23日午前、八重山教育事務所

 県教育委員会が地域の関係者から教育施策についての意見を聞く八重山地区協議会が23日、八重山教育事務所会議室で開かれた。石垣市の子どもの学力が停滞している現状をめぐり「八重山の教育は人材が足りない」などという指摘が出た。

 石垣市教育委員会の高木健委員長は「いわゆる大規模校には中堅の先生の配置が少ない。新任の先生は精いっぱいで、子どもたちを把握できる状況にない」と問題提起。
 八重山教育事務所の黒島一哉所長は「(八重山出身者は)教員免許を取っても地元に帰ってくる人が少なく、教員試験に合格する人も少ないという悔しい現実がある。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html