来夏世の豊穣を祈願 灼熱の太陽 命の証し 勇壮ツナヌミンに沸く 四カ字ムラプール

武者たちが戦いを演じた四カ字ムラプールのツナヌミン=27日夜、石垣市新川
武者たちが戦いを演じた四カ字ムラプールのツナヌミン=27日夜、石垣市新川

 石垣島四カ字豊年祭のクライマックスとなるムラプールが27日、新川の真乙姥御嶽で行われ、住民が五穀豊穣に感謝を捧げるとともに、来夏世(くなつゆ)の豊作を祈願した。炎天下、旗頭が林立し、太鼓や巻き踊りなどの芸能が次々と神前に奉納された。農業の神が出現する五穀の種子授けの儀、子孫繁栄を祈るアヒャー綱、勇壮な武者たちのツナヌミンなどで、八重山の夏を彩る一大絵巻が繰り広げられた。

 

 午後3時過ぎ、新川字会に招待された石垣、大川、登野城字会など各団体が続々と真乙姥御嶽に集合。14本の旗頭が林立した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html