台風後の雑木林にツミ確認 ネズミを捕食

 最小の猛禽類で知られるツミの亜種、リュウキュウツミが石垣島南部の雑木林でネズミを捕食しているのが30日、確認された=写真。台風で多くを飛ばされた八重山地方は木々、草花、昆虫、小動物らにとって過酷な状況。
 生態系の高い位置にある猛禽類は、台風後の環境の変化は大となる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html