顕彰碑建立に500万円 偉功に全国から反響 伊舍堂中佐

新港地区に設置される伊舍堂中佐の顕彰碑。除幕式は終戦記念日の15日に開かれる(2日午後)
新港地区に設置される伊舍堂中佐の顕彰碑。除幕式は終戦記念日の15日に開かれる(2日午後)

 沖縄戦の特攻隊第1号として石垣島白保の基地を出撃した島出身の飛行隊長、伊舍堂用久中佐(特攻時大尉、当時24)の顕彰碑建立に、2日までに内外から約500万円の募金が寄せられていることが分かった。目標額の300万円を大きく上回り、顕彰碑建立期成会は「予想以上に反響が大きかった」(砥板芳行事務局長)と手ごたえを感じている。
 県内だけでなく県外からの募金も多く、反響が全国に広がっていることをうかがわせている。砥板事務局長は「石垣にも特攻隊がいて、国を守る使命を果たしたことは(従来はあまり知られておらず)大きなインパクトがあった」と話す。

 

 

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html