与那国町長選 「自衛隊、過疎化が争点」 給食費無料化掲げる 外間陣営が総決起大会

外間氏(中央)の必勝を期してガンバロー三唱する支持者=3日夜、与那国町祖納
外間氏(中央)の必勝を期してガンバロー三唱する支持者=3日夜、与那国町祖納

 与那国町長選(6日告示、11日投開票)に立候補する現職、外間守吉氏(63)=自民公認、公明推薦=の総決起大会が3日夜、祖納地区の崎原商店倉庫前駐車場で開かれた。外間氏は「争点は自衛隊配備と、過疎化をどう食い止めるかの二つだ」と指摘。自衛隊配備に伴う町有地賃貸料を活用し、小中学校の給食費無料化や、水道水の軟水化に取り組む方針を示した。応援の弁士らは「外間氏でないと自衛隊誘致はできない」「日本国にとって大事な選挙だ」などと訴えた。

 

 外間氏は、自衛隊配備に伴う町有地賃貸料の活用について「すべて町民に還元したい。自衛隊は配備しないといけない」と強調。「自衛隊配備にはこういうことをやりたいんだという話を逐次、皆さんにお伝えしたい」と、選挙戦で、自衛隊配備に伴う地域振興策を前面に訴える方針を示した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html