与那国町長選 「住民投票」表明 保守層取り込み図る 崎原正吉氏

 与那国町長選に立候補した新人の崎原正吉氏が6日、自衛隊配備の是非について「住民投票で決着をつけたい」と表明した。自衛隊配備反対を明確化してきた従来の姿勢から方針転換した形だが、配備賛成派も含めて幅広く取り込みたいという選挙戦略上の思惑もあるようだ。
 今選挙は自衛隊配備の是非が最大の争点となり、全国的にも注目されている。配備反対運動を続けてきた崎原氏だが、選挙戦では演説などで反対を最優先には掲げず、発表した政策でも反対を明記しないなど、微妙な姿勢を続けている。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html