石垣島の夕日が人気 グリーンフラッシュのサプライズも 新たな観光資源に注目

見ると幸せになると言われているグリーンフラッシュ=6日、石垣島ミルミル本舗より撮影
見ると幸せになると言われているグリーンフラッシュ=6日、石垣島ミルミル本舗より撮影

 美しい石垣島の夕日が観光客に人気となり、新たな観光資源として注目されている。小高い丘の上で自家製アイスクリームを販売する「石垣島ミルミル本舗」(伊盛米俊代表・市内新川)は、市内屈指の夕日スポットとして観光客の間に口コミで知れ渡り、日暮れ時には多くの見物客で賑わう。

 

 日没の瞬間に、時折観察される「グリーンフラッシュ」現象が目当てで、新たな観光資源としてすでに取り組みを開始しているガイドもいる。石垣市が取り組みを強化している星空観測のオープニングとして存在感のあるメニュー。伊盛代表は「夕方にカメラを抱えたお客さんが多い。景色は最高の観光資源で、今後期待できる観光メニューだ」と、期待している。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html