「自衛隊問題は決着」 町民に地域振興策説明 台湾とは人的交流を 外間氏インタビュー

当選から一夜明け、笑顔でインタビューに応じる外間氏=12日午前、与那国町祖納の自宅
当選から一夜明け、笑顔でインタビューに応じる外間氏=12日午前、与那国町祖納の自宅

 与那国町長選で3期目の当選を果たした外間守吉氏(63)は一夜明けた12日朝、報道陣のインタビューに応じた。自衛隊配備の是非について、今選挙で決着したのかという問いに「そう私は考えている」と明言。配備に伴うインフラ整備などの地域活性化策などについて、早ければ9月にも町民説明会を開催する考えを示し「賛成、反対の議論ではなく、今後、どういう形で(配備が)地域に貢献できるか話したい」と強調した。配備反対派が主張する、台湾との経済交流による自立については「現実性がない」との見方を示し、経済交流より人的交流を優先させるべきとの認識を示した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html