一足早く旧盆 聖紫花の杜でアンガマ いしゃなぎら青年会

三線や太鼓、奇声が響かせながら、入所者らを魅了したアンガマ=介護老人保健施設聖紫花の杜
三線や太鼓、奇声が響かせながら、入所者らを魅了したアンガマ=介護老人保健施設聖紫花の杜

 いしゃなぎら青年会(玉代勢秀尚会長)が17日、介護老人保健施設「聖紫花の杜」で、アンガマを披露、一足早く旧盆気分を盛り上げた。


 アンガマの一行30人が、三線と太鼓を鳴らし、奇声を上げながらフロア内を一周。壁に張った大型の仏壇の絵の前で、アンガマ一行が唄や踊り、ユーモラスな問答を繰り広げた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html