中国公船「逃げた」 尖閣出漁の仲間氏

25日、尖閣周辺の接続水域を航行する中国海警局の船「海警2151」(仲間均市議提供)
25日、尖閣周辺の接続水域を航行する中国海警局の船「海警2151」(仲間均市議提供)

尖閣海域に出漁した漁船「高洲丸」は26日、石垣島に戻った。乗船した仲間均市議によると、中国公船は高洲丸の近くに現れたものの、操業を妨害することはなく、30分ほどで去ったという。仲間氏は27日、報道陣に対し「中国公船は、われわれを見て逃げた」と強調した。


 高洲丸は25日午後1時ごろ、登野城漁港を出発し、6時ごろに魚釣島周辺に到着。海保の巡視船から「中国公船が接近している」という連絡があり、6時半ごろ、接続水域に中国海警局の船3隻の姿が見えたという。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html