市12年度決算 16億4000万円余が収入未済 監査委員 滞納の的確実施求める

 石垣市は3日の市議会本会議に2012年度一般会計、特別会計決算を提出した。予定していた歳入が納入されなかった収入未済額は合計で16億4885万となり、前年度を1417万円(0・9%)上回った。最終的に納入を断念した不能欠損額も合計で1億574万円に達し、前年度比1633万円(18・3%)増となっている。監査委員は滞納処分の的確な実施、滞納を発生させない初期の迅速な対応など、収入未済額、不能欠損額の縮減に向けた取り組みを求めた。

 収入未済額の内訳は一般会計で市税5億720万円、市有地貸地料1億1063万円、畜産基地建設負担金8386万円、畜産基地建設売渡収入3億3723万円―など。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html