新空港開港あすで半年 街に活気 観光客増 「数より質への転換を」

 旧石垣空港が閉鎖されてからきょうで半年、また新石垣空港は明日7日で開業半年を迎える。開業当初は70万人程度と見られていた観光客も、予想を大きく上回る80万人を突破する勢いで、連日空港は大勢の観光客でにぎわっている。そこで開業半年を迎えた街の声を聞いてみた。
 ▽新石垣空港ターミナル株式会社代表取締役専務石垣泰生さん
 「もう半年経ったのですね。必死になって走り続けてきたので気づきませんでした。開港以来、街が活気づいてきたように感じますので、少しはお役に立てたのかなと言うところです」
 ▽白保で民宿を経営するYさん
 「早朝出発、夜間到着のお客様と、ピーチのおかげか、関西圏からのお客様が激増したように感じます。ただ、レンタカーや送迎車のマナーが非常に悪く、安心して道を走れなくなったことが残念です。また自然が売りのはずの島で、過剰な開発が行われているようなので、気にしています」

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html