さそり座や天の川観察 西表で星空観望会

天体望遠鏡で土星を見せてもらう子どもたち
天体望遠鏡で土星を見せてもらう子どもたち

 「西表子午線ふれあい星空観望会~東経123度45分6.789秒の子午線で会いましょう~」(八重山広域市町村圏事務組合主催)が7日夜、竹富町西表島の西表小中学校グラウンドで開かれた。会場には大勢の地域住民や観光客が訪れ、郷土芸能やライブ、満天の星空を満喫した。
 星空観望会は故郷の自然環境を学び、美しい星空の環境保全への関心を高めることが目的。波照間島、与那国島に続き、今回で3回目となる。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html