ダンスで救急法アピール AED48isgデビュー

明るいダンスで会場を魅了したAED48isg
明るいダンスで会場を魅了したAED48isg

 市民救急ステーションの普及啓発のために結成された小中高校ダンスボーカルユニット「AED48isg」が8日、デビューした。18人のメンバーは「Let,s Register~まちの救世主」を初披露。元気で明るいダンスで会場を魅了した。


 メンバーは「市民救急ステーション」普及啓発をテーマに、歌とダンスが好きな市内在住の12歳から17歳の女子。


 消防職員が作詞作曲した「Let,s Register~まちの救世主~」に、メンバーでオリジナルダンスを振り付け、約1ヵ月間の練習の成果を会場に駆けつけた約1000人の前で披露した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html