国有化1年で挑発 中国船8隻が領海侵犯 尖閣海域から「テレビ中継」

10日、「海警指令センター」から生中継しているとされる中国国営放送のキャスター。尖閣周辺の海図を使い「海警」と日本の巡視船の位置を説明している(中国国営放送のテレビ画面より)
10日、「海警指令センター」から生中継しているとされる中国国営放送のキャスター。尖閣周辺の海図を使い「海警」と日本の巡視船の位置を説明している(中国国営放送のテレビ画面より)

 第11管区海上保安本部によると、10日午前10時半ごろから午後2時半ごろまでに、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海に中国海警局の船8隻が相次いで領海侵犯した。8隻の領海侵犯は4月23日と並ぶ過去最多の隻数。11日の尖閣国有化1年に合わせた挑発行為と見られる。中国国営放送は、尖閣国有化1年を大きく伝え、「海警」から生中継の映像を配信。尖閣海域について「中国の管轄海域だ」と繰り返し伝えた。8隻は午後5時までに領海から退去した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html