不適切指導の可能性も 平和教育のあり方見直し

 石垣市の玉津博克教育長は19日の市議会一般質問で「平和教育のあり方を今一度点検、確認し、工夫改善を加えていきたい」と述べ、平和教育のあり方を見直す方針を示した。また、学校現場での平和教育の現状を取り上げた砥板芳行氏は、天皇に関して不適切な指導が行われた可能性を指摘した。

 

 沖縄の平和教育について、自らの教員としての経験を振り返りながら「平和の尊さを教えると言いながら、戦争の悲惨さを強調する教育となっている。弊害は戦争に対する嫌悪感から派生する思考停止だ」と指摘。

 

 

全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html