収支など課題に 4公共施設にD評価 指定管理者

指定管理者の運営状況にD評価が2項目あった石垣島堆肥センター。決算の改善などが求められている(資料写真)
指定管理者の運営状況にD評価が2項目あった石垣島堆肥センター。決算の改善などが求められている(資料写真)

 石垣市は、指定管理者制度を導入している公共施設の運営状況について、2012年度の評価一覧を作成し、23日までに公表した。収支などの問題で、石垣島堆肥センター、サッカーパークあかんま、市伝統工芸館、底地海水浴場の4施設に「努力が必要」とされるD評価があった。このうち堆肥センターのD評価は2項目あった。
 評価は14項目についてA(「特に優れている」)からE(「かなりの努力が必要」)までの5段階評価で、各公共施設の担当課が実施し、E評価はゼロだった。指定管理者には、12年度末で廃止された公共施設管理公社も含まれている。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html