中継ぎで1軍に定着 プロ2年目 嘉弥真新也 ソフトバンク

嘉弥真新也投手
嘉弥真新也投手

 ソフトバンクホークスの左腕、嘉弥真新也(石垣市白保出身)は5月から1軍に合流し40試合に登板。3勝1敗で防御率2・32の好成績を収めた。ソフトバンクは4位以下が決定し、5年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を逃し全日程を終了。今季の嘉弥真の成績を追った。(玉津盛昭)

 

 ▽嘉弥真は本当に活躍している
 2013年シーズンの嘉弥真の成績は40試合に登板し3勝1敗。防御率は2・32。先発は1試合なので39試合は中継ぎ登板ということになる。 
 中継ぎで3回も勝ち投手になると、先発投手の「勝ち」を消してしまったのだと思われがちだが、嘉弥真は同点の場面か5回未満からの登板で勝ち投手となっており、試合を壊してはいない。


 次に嘉弥真の成績と、同チームの森福允彦(投手)とを比較してみよう。プロ7年目の森福は、11年と12年に60試合以上登板し、2年連続防御率は1点台前半とソフトバンクの勝利の方程式の一角だ。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html